本文へスキップ

フランス語英会話教室神戸市東灘区阪神御影駅徒歩2分

            Tel.078-862-9585
Email.info@letoile.jp

レトワール語学教室のフランス語&英会話学習ブログ

レトワール語学教室の風船を持って空を飛ぶ先生のイラスト
2020年11月28日(土)
英語とフランス語の繋がり

英語の中にはフランス語が沢山混じっています。
英語の中に混じっているフランス語の単語の数は、約14000個と言われています。
そこには、歴史的な背景があります。
1066年、イギリスがノルマン軍によって征服をされたことがきっかけで、ノルマン人の言語であったフランス語が徐々に英語の中にもたらされました。
フランス生まれのノルマン人であったウイリアム一世は、1066年にイギリスの王様になり、その後ノルマン人貴族の人々がイギリスの皇帝に入り、貴族の中でフランス語が広まっていきました。
平民の言語は、英語のままでしたが時代と共にフランス語を英語の中に取り入れるようになりました。
フランス語は、1066年から1362年まで約300年間イギリスの公用語でした。
エリートの人々や裁判所、政府の人々の言語は、フランス語が使われ、そしてイギリス人はフランス語の名前も取り入れるようになりました。
例えば、男性ならウイリアム、ロバート、リチャード等です。
1152年から1445年までの間に、イギリスの王様は約300年間かけてフランス人女性と結婚をしてきました。

To be continued…

2021年1月18日(月)
英語とフランス語の繋がりA

フランス出身の貴族女性13人がイギリスの王様と結婚してその女性達がイギリスの王女となりました。
日本語には多くの中国語由来の言葉が入っています。そして、英語にもフランス語由来の言葉が入っています。

英語には、一つの意味に二つの言葉があるものが沢山あります。
その理由の一つとして、英語の辞書はフランス語の辞書より言葉が増える為分厚いです。

例えば、自由という言葉はLibertyとFreedomがあります。Freedomは、元々は英語です。Libertyはフランス語のLiberteからきています。
羊という言葉は、SheepとMuttonがあります。Sheepは元々は英語で、Muttonはフランス語のMoutonからきています。

全くそのままフランス語から英語に入った言葉も沢山あります。

例えば、
Aquarium(水族館) Architecture(建築) Antique(アンティーク)
Ballet(バレエ) Cacao(カカオ) 
Client(クライアント)
 
Concert(コンサート) Contact(連絡する) Dialogue(対話)
 Culture(文化) 
Fiction(フィクション) Fruit(果物) 等

英語検定試験5級の教科書を見るとあまりフランス語と関連する言葉が出ていません。
しかし、英語検定試験1級になると教科書にはほとんどがフランス語からきた言葉が出ています。
つまり、英語の勉強をすればするほどフランス語との関連語がわかってきます。

英会話初心者の生徒さんから
「英語とフランス語は全く似ていません。」
とよく言われます。
それは、初心者レベルの英語にはまだ関連するフランス語が出ていないからです。
上級者になれば、フランス語の言葉が沢山出てくるので語学を続けるほど英語とフランス語に磨きがかかるという事です。

To be continued…

2021年2月11日(木)
英語とフランス語は、「偽りの友人」関係

フランス人が英語の勉強をする時、「偽りの友人」という言葉のリストがあり、それを覚えなければなりません。
「偽りの友人」というのはフランス語で、「faux amis]といいます。
英語とフランス語のつづりは全く同じですが、意味は全然違います。それを「偽りの友人」といいます。

<例>
chat→フランス語で、猫/英語で、話
pain→フランス語で、パン/英語で、痛み
chance→フランス語で、幸運/英語で、機会
course→フランス語で、レース/英語で、講座
cave→フランス語で、地下室/英語で、洞窟
camera→フランス語で、カメラ/英語で、ビデオカメラ
college→フランス語で、中学校/英語で、短期大学 等

ということで、英語とフランス語の勉強をする時に気を付けて「偽りの友人」があることを意識しながら勉強をしなければなりません。

To be continued…

2021年3月7日(日)
フランス語と日本語の繋がり

日本語の中でも沢山のフランス語が使われています。
特に料理・ファッション・芸術の分野です。
普通に日常生活で使われる言葉もあります。

例えば、
<食べ物>
クロワッサン→Croissant
グラタン→Gratin
アラカルト→A la carte
オードブル→Hors-d'oeuvre
マロン→Marron
コロッケ→Croquette

<ファッション>
パンタロン→Pantalon
ブルゾン→Blouson
ブティック→Boutique
オートクチュール→Haute couture

<芸術>
アトリエ→Atelier
クレヨン→Crayon
アンティーク→Antique

<日常生活>
サロン→Salon
コンシェルジュ→Concierge
バカンス→Vacances 等

あまり日本語とフランス語の繋がりがないようで、意外と沢山のフランス語が使われています。
フランス語の勉強をする時にはこれらの言葉を知っておけば学習の手助けになるかと思います。

To be continued…

2021年3月21日(日)
帰国子女の英語&フランス語力の維持について

@毎日読書の時間(約20分〜30分)を決めてできるだけ沢山の本を読む。
本の選び方は、その住んでいた国の同じ年齢の子供達が読んでいる人気本を探して読むことです。

A英語orフランス語の映画やテレビを鑑賞する。
それにより、新しい単語が増えて覚えることができ
リスニング力も
アップします。
お勧めの方法は、クローズドキャプションで見ることです。
クローズドキャプションとは、切り替えることができる字幕のことです。
その映画やテレビの人物の話す内容がそのまま字幕で見ることができます。

B帰国子女や国際的な子供達が集まるインターナショナルスクールのサマーキャンプ等を探してお付き合いを続ける。

Cできれば家の中で両親と英語orフランス語で会話をする。
そして、ライティングの練習を続けることです。

D帰国子女対応のコースがある語学教室に通う。

E英検や仏検の目標を作り、受験をさせることです。

To be continued…

2021年4月21日(水)
英語のリスニングのコツ

Hello!!
今日はなかなかリスニングが上達できない人の為にリスニングのコツを伝授します。

なぜ、リスニングが上達しないかといえば、日頃から充分なリスニングの時間が取れていないことにあります。
沢山の英語に毎日触れることが大切です。

ネイティブスピーカーは、Babyの時から英語を聞いていてお母さんのおなかの中にいる時からも英語を聞いているといわれます。

ほとんどの学習者は、以下の勉強方法だと思われます。
★1日10分〜20分間の英語を聞く
★英語の映画を観賞する
★1週間に1回は語学教室に通う
それだけでは、上達は難しいです。

これを最低でも1日1時間→1年間は続けましょう!
毎日忙しいので難しいかもしれません。
まずは、時間を作ることから始めます。
例えば、運転をする時・乗り物に乗る時・
スポーツをする時・家事をする時・
待ち時間がある時・就寝前等…

まず一番の目的は、リスニングの上達よりも
英語のリスニングの毎日の習慣作りです。
初めは、10分〜20分間位で学習をして
その後、
1時間位に増やしていけばいいです。

初心者は、少し難しいですが理解ができるものを聞く。
中〜上級者は、興味のあるものをチョイスして(趣味、例えば料理等)を英語で聞く。

そして、結果的にとても良いことは英語が目的ではなく手段になるということです。

To be continued…

2021年6月2日(水)
フランス語のリエゾン ( _ ) @

リエゾン(liaison)とは、フランス語における
通常発音をしない語末の子音字が次に続く
語頭母音字と結合して一音節として発音される
現象のことです。
リエゾンの種類をわかりやすく大きく分けると
2種類になります。
第一の種類、必ずしなければならないリエゾンを
ご紹介します↓


★名詞の場合、以下の言葉と数字の後に名詞が
きたらリエゾンをします。
mon,ton,son,mes,tes,ces,nos,vos,leurs,un,des,les,aux,
aucun,tout,quels,quelles,quelques
又、形容詞と名詞が続いている時にもリエゾンをします。
<例>
Un bel_appartement

★動詞の場合、
on,nous,vous,ils,elles,の次に必ずリエゾンをします。
be動詞の est の次にも必ずリエゾンをします。

★短い副詞の場合、
Catherine est plus_active que Sophie
C'est bien_ici

★dans,sans,en,chezの次にリエゾンをします。
以下の決まり文句の時にもリエゾンをします。
avant_hier,de temps_en temps,tout_a l'heure,
tout_a coup,plus_ou moins

To be continued…

2021年7月8日(木)
英語で語学勉強

今まで教えてきた生徒様の中で早く上達をしてペラペラと
話せる
ようになった生徒様には共通点があります。
その共通点は、皆さんが映画が大好きで良く外国の
映画鑑賞をするというところです。

<使える英語にする為には>
@テキストブックの英語は、話をする時にはあまり
使われることがありません。映画鑑賞をすることで、
ネイティブスピーカーの言葉を覚えることができます。

A単語を覚える時には単語帳で覚えますが、映画鑑賞を
することでどんなタイミング、場所、状況、環境で
その言葉を
使えば良いかがわかってきます。

To be continued…

2022年1月4日(火)
エミリー、パリへ行く

最近の海外ドラマの話題作
「エミリー、パリに行く」
このドラマは、アメリカのドラマですが舞台はフランスです。
だから、英語の学習もできて
フランス語の学習もできます。
そして、フランスの文化も学べます。
1話が、約30分で気軽にフランス気分になれる
ドラマシリーズです。
あらすじは、シカゴの会社で働くエミリーが
ある日パリに急に転勤になり
フランス語もできない状態でパリへ乗り込む話です。
英語をブラッシュアップしながらフランス語も学べるので
おススメです。
もっとチャレンジをしたい方は、字幕を英語にしてご覧下さい。
英語のタイトルは、「Emily in Paris」
Netflixで観賞できます。

To be continued…

2022年4月7日(木)
おすすめのフランスドラマNetflix 「Lupin」

Bonjour!
今日はフランスのドラマをご紹介します。
フランス制作のNetflixオリジナルドラマシリーズの
「Lupin/ルパン」です。

2021年1月にNetflixでパート1が配信されると
たちまちフランスのトップ10ランキング1位となり
アメリカやイギリスなどもトップ10入りの話題作です。

華麗なる怪盗紳士の本当の顔。
怪盗としてのクールな一面とその反面の人間くささ
そして、スリリングな展開も魅力的です。

「Lupin」を演じるオマール・シーは、日本でも大ヒットした
フランス映画「最強のふたり」でドリス役を演じた実力派俳優です。

爽快な気分とフランス語勉強にも役立つので
今一番のおすすめしたい作品です。

To be continued…

2022年5月27日(金)
英語だと思っていたらカタカナ語です。@

日本で使われている英語のカタカナ語。
例えば、クリニック、ピアス、バイキング、ソフトクリーム…
など多くのカタカナ語は実は英語ではありません。
そのまま、英語のネイティブスピーカーには
通じないです。

このようなカタカナ語は、日本独自で作られた
言葉になります。


日本の個人病院は、よく○○クリニックと呼ばれていますが
正しくするとdoctor's officeとなります。

耳に穴をあけて付けるピアスは、pierce(突き通す)と
いう意味
からきた言葉になります。
正しくするとearringsとなります。

日本のホテルなどで食べ放題の食事を、バイキングと
言われていますがバイキングの本当の意味は
8世紀末より11世紀後半にかけて海上から各国へ侵入した
海賊のような人達のことを意味します。
正しくすると"all you can eat buffet”となります。

ソフトクリームは、日本語に訳すると単に
"柔らかいクリーム”という意味になります。
正しくするとice creamとなります。

To be continued…

2022年7月1日(金)
英語だと思っていたらカタカナ語です。A

★ジェットコースターは、英語でroller coaster
★ピエロは、英語ではclown
★ライトアップは、英語ではillumination
★ライブハウスは、英語ではa club with live music
★スマートは、英語ではslenderもしくはslim
★ドライは、英語ではbusinesslike

今回は追加で気になるカタカナ英語をご紹介しました。
まだまだ沢山ありますのでご自身で調べてみるのも勉強に
なるかと思います。

To be continued…

2022年10月27日(木)
ミセス・ハリス、パリへ行く

今日は、シネリーブル神戸さんで11月18日から
上映するフランス映画のご紹介です。
全米2週連続TOP10入り!
クリスチャンディオールのドレスに魅了された
ロンドンの家政婦がドレスに出会う為にパリへ行く
夢物語です。
パリを舞台に、ドレスに恋をしたことで新しい出会いを
引き寄せ、人生を輝かせていく主人公の姿が、
あたたかな感動を呼びます。
ファッションにご興味のある方やフランス語に触れて
みたい方
必見です。

夢はいつだって、人生を輝かせます。

To be continued…



Back  
エッフェル塔とメリーゴーランド

フランスの街中

イギリスのメトロ

御影の犬のキャラクターが書かれたフランス語英会話教室の黄色いチラシ